教育画劇歴史と人物でたどる 日本の偉大な建造物! ドラマチックストーリー
1巻:北海道・東北4巻:近畿・四国表紙イラスト2点および挿絵10点を制作しました。
刊行:2018年4月

【書籍の内容】

青函トンネル・東京タワー・黒部ダム・法隆寺・原爆ドームなど、日本の代表的な建造物を取り上げ、史実をもとに、その建設や改修・復原・保存に携わった人々の思いと、そこにまつわる感動的な話を収載します。フィクションをまじえて読みやすく、朝読はもちろん、授業でも活用しやすいコンパクトな内容になっており、当時の人々の生活の向上や、地域の発展の為に尽くした人物たちの偉大な働きを知ることができるシリーズです。

教育画劇ウェブサイト内紹介ページより

【制作の詳細】
学校の学習教材や図書館向けの児童書で全5巻セットのうち、1巻と4巻の表紙イラストおよび挿絵を担当しました。
日本各地の建造物に焦点を当て、その建物が建てられる歴史的背景や関わった人たちの物語で、その場面ごとにモノクロの挿絵を制作し、さらにそのうちの1点をカラーに塗り、表紙に使用しています。
学校の教材などで使われる書籍ということもあり、ある程度イラストの正確性を求められる案件でした。そのため、多くの建造物とそれに関連する資料をクライアント様よりご提供いただき、それをもとに建物はもちろん、建設に用いる道具やその使い方、カラーの場合は色の正確さ(例えば明治時代に北海道にいた馬の色)など、忠実に描くことをより意識して制作しました。

【イラスト制作データ】
制作点数:表紙イラスト2点、挿絵10点
制作日数:約30日
サイズ:天地210mm×左右148mm(掲載サイズ)
納品形態:PSDデータ、[表紙]CMYK、[挿絵]グレースケール

※データは参考です。実際の制作時とは異なる場合があります。
※制作日数は、純粋な制作のみの日数です。実際の納期はこの日数にお打ち合わせやクライアント様の確認日数が加算されます。