徳間書店・読楽2021年7月号(2021年7月10日発行)
連載第5話『からさんの家』(著:小路幸也 氏)扉絵を担当しました。

【小説内容】
義理の祖母・からさんの家で付き人・家政婦として生活する”まひろ”。
ある日、訪ねてきた長年からさんの担当をしているという出版社の編集者から、からさんの著書や作品ことを教えてもらい、からさんについてまだまだ知らないことがたくさんあるのだと感じる。
そして、からさんの過去を告げられ…。

【制作の詳細】
まひろと編集者の水島さんが話をしている場面で、テーブルに置いたコーヒーとケーキ、そしてコーヒーの水面に映るまひろを描いています。水島さんから自分が知らなかったからさんのことを聞き、まひろの驚きや複雑な心境を表せるよう意識して制作しました。

【イラスト制作データ】
制作点数:扉絵1点
制作日数:約10日
サイズ:天地216mm×左右154mm
納品形態:PSDデータ、CMYK

※データは参考です。実際の制作時とは異なる場合があります。
※制作日数は、純粋な制作のみの日数です。実際の納期はこの日数にお打ち合わせやクライアント様の確認日数が加算されます。