徳間書店・読楽2021年6月号(2021年6月10日発行)
連載第4話『からさんの家』(著:小路幸也 氏)扉絵を担当しました。

【小説内容】
まひろは、ヤマダタロウに引き続き、同じくからさんの家の住人である野洲柊也からも、この家に住むことになった経緯を聞く。
建築学科の大学生である柊也は、今までの住居で不運なことが立て続けに起こり、住居を転々としていた。
そんなある日、からさんの家に住むことになったヤマダタロウと偶然出会う。

【制作の詳細】
野洲柊也とヤマダタロウが偶然出会い、さらに柊也がタロウとともにからさんの家の住人になるきっかけになった枕を拾う場面を描いています。柊也が住居にまつわる不運から抜け出し、やりがいを見つけることになった重要な場面であることを意識して、偶然が人生を変え、これからの出来事に光が当たるような雰囲気で制作しました。

【イラスト制作データ】
制作点数:扉絵1点
制作日数:約6日
サイズ:天地216mm×左右154mm
納品形態:PSDデータ、CMYK

※データは参考です。実際の制作時とは異なる場合があります。
※制作日数は、純粋な制作のみの日数です。実際の納期はこの日数にお打ち合わせやクライアント様の確認日数が加算されます。