徳間書店・読楽2021年5月号(2021年5月10日発行)
連載第3話『からさんの家』(著:小路幸也)扉絵を担当しました。

【小説内容】
高校卒業後、義理の祖母であり文筆家・詩人・画家でもある「からさん」の家で住み込みで働くことになった「まひろ」。
アーティストのヤマダタロウから、からさんの詩集を読んで衝撃を受け、アーティストを志したこと、そしてからさんの家に住むことになるまでの経緯を教えてもらう。

【制作の詳細】
からさんが飼っている猫の「スマイル」が、壁一面の本棚があるからさんの部屋でじっとまひろを見つめる姿を描いています。
先住猫が亡くなるとすぐに新しい野良の子猫が家にやってくるという不思議さが、様々な人から慕われるからさんとからさんの家が持つ神秘的な魅力を表しているイメージで制作しました。

【イラスト制作データ】
制作点数:扉絵1点
制作日数:約8日
サイズ:天地216mm×左右154mm
納品形態:PSDデータ、CMYK

※データは参考です。実際の制作時とは異なる場合があります。
※制作日数は、純粋な制作のみの日数です。実際の納期はこの日数にお打ち合わせやクライアント様の確認日数が加算されます。