徳間書店・読楽2021年3月号(2021年3月10日発行)
連載第1話『からさんの家』(著:小路幸也 氏)扉絵を担当しました。

【小説内容】
複雑な家庭環境で育った「神野まひろ」は、高校卒業と母の結婚を機に、義理の祖母である「からさん」の家で暮らすことになった。血の繋がりの無い風変わりな祖母「からさん」と、からさんの家に住んでいる個性豊かな住人たち、家を訪れる様々な人たちとのふれあいを通して、まひろは人として成長していく。

【制作の詳細】
連載第1話のため、物語の要である「からさんの家」と主人公「まひろ」を描き、まひろにとってからさんの家がかけがえのないものになっていくことや、これから始まる物語の雰囲気・情景をイメージできるよう意識して制作しました。
「まひろは、徐々に大人になっていくので初回は少し幼い感じを出す」、「からさんの家の外観は、古い日本家屋を西洋風にアレンジしたレンガ造りの家」というご要望がありましたので、それらを元に描写しています。

【イラスト制作データ】
制作点数:扉絵1点
制作日数:約6日
サイズ:天地216mm×左右154mm
納品形態:PSDデータ、CMYK

※データは参考です。実際の制作時とは異なる場合があります。
※制作日数は、純粋な制作のみの日数です。実際の納期はこの日数にお打ち合わせやクライアント様の確認日数が加算されます。